The third phase of my life〜人生の第三楽章〜

40の手習い。It's never too late to start something!

生きる勇気。死ぬ勇気。

昨日、「Me Before You」(邦題「世界一キライなあなたに」)

 という映画をたまたまテレビで見ました。

米英合作で公開当時は賛否両論のある問題作だったそう。

 

〜以下概要〜(ネタバレ含みます)

カッコ良くてスポーツ万能かつ大富豪の実業家であるウィルは

バイクに跳ねられたことにより脊髄を損傷し四肢付随になる。

生きる希望を無くしていたところ、6ヶ月の期間限定で

ウィルの介護をするルーというお金に困った女性が雇われる。

最初は頑なだったウィルもルーの懸命の介護により心を開き

やがて二人は恋に落ちるが、ウィルは6ヶ月後に安楽死をする

ためにスイスの自殺幇助施設に行くことを決めていた。

 

こういう映画ってハッピーエンドが多いのが常ですが

残念ながらこの映画はそうとはならずウィルは死を選んでしまいます。

ルーの必死の説得も効かず、ウィルはウィルでルーがこのまま

自分という重荷を背負って自由を失って生きて欲しくない、

という願いからルーを解放しようするのです。

四肢付随で車椅子生活になる前の人生をウィルは愛していました。

それこそが「自分」だったとウィルは言います。

今の自分は自分ではない、このまま生きるのは耐え難い、と。

 

ウィルの両親やルーにしてみたら

「ただ生きていて欲しい」

それだけだと思います。

ただ生きていてくれるだけで良い、それで十分だと。

しかし、ウィルにしてみたら

「ただ生きているだけなのがつらい」

生きているだけで常に痛みとともにあり、

かつ自分でできることは何一つないのですから。

愛する人に自ら触れることもできない。

 

いくら死にたいと思っても死ぬという決断をするのは

かなりの勇気と覚悟が要ることです。

いざ自分がウィルのようになってしまったら

死にたくても本当に死ぬという決断ができるのだろうか。

きっとできないんじゃないかと思います。

誰にも理解してもらえない痛みと苦しみをずっと抱えてきて

死ぬという決断をしたウィルを誰が責められるだろうか。

死んで欲しくない。ただ生きていて欲しい。

そんな周りの人の気持ちだって痛いほどわかる。

 

当たり前の日常は本当は当たり前ではないということ。

元気で体が動くならばやりたいことに何でもチャレンジしてみる。

失敗したってそれで失うものなんてなくて

むしろ「経験」という糧を手に入れられるのだから。

なんて、頭ではわかっていてもなかなかできなかったりして

自戒を込めてここに記しておきます。

「生きる」ということを改めて考えさせられる映画でした。

 

考えるよりも動く方が事が進むね。

平日のお休みは旦那さんのランチをランチバッグに詰めて

行ってらっしゃい〜と見送る朝から始まります。

洗濯機を回して、ボーッとしながらコーヒーを淹れて、

朝ご飯を軽く食べながら今日一日の予定を頭に浮かべる。

 

パソコンに向かうけれど眠くて眠くて、後でやろうと思ってた

掃除をまずすることに。考えずに動けば良いから眠くてもできる。

フロアに掃除機とモップをかけて気分スッキリ。目も覚めてくる。

スッキリついでに犬を洗おうと犬をお風呂に入れてさらにスッキリ。

 

それから今日は郵便局に行く予定で、送る荷物とカードの準備。

早めのお昼ご飯を済ませて郵便局へ行って荷物の発送をした後は

近所のコーヒーショップに寄り美味しいコーヒーを頂く。

そして帰宅した今、パソコンに向かってます。

いつもはもっとブラブラしたりするのだけど今日はサクッと

用事を済ませてさっさと帰宅。

 

大体、House work(掃除、洗濯、料理などの家事)以外に

「やらねばならないこと」はさほどなくて自由な休日。

家事だってモップかけや犬を洗うとか今日やらなくても良いのだけど

予定を立てるよりも突発的にやりたくなったらやる方がいい。

わたしはさほど神経質じゃないし綺麗好きでもないからある程度

綺麗であれば生きていかれる。掃除が好きってわけでもない。

ただ、気になるとやらずにはいられないタチで掃除を始める。

だから、ある程度綺麗な状態が保たれているんだなぁと。

 

ではでは、今から趣味と仕事のお勉強タイムへと入ります。

うーん、なんだか充実の一日で良い感じだ(^-^)

日曜日の夜の徒然。犬の話。

日曜日の夜はサザエさん症候群。

なんて、サザエさんは見られないのですけどねぇ。

週末はホントあっという間に終わる。

 

ここのところ色々モヤモヤしているのですが

日本にいる友人から

「◯◯ちゃん(わたし)が夢に出て来たよ。

吉夢だった!きっと良い事あるよ〜」と

突然メッセージが来ました。

なんだか嬉しい〜〜良い事ありそう〜〜♪

人の夢に出られるってこともなんだか嬉しくて。

ちょっと希望が持てた今日この頃です。

 

最近わが家の愛犬が前にも増して面白くて可愛くて。

それはきっと糸井さん家のブイヨンが亡くなったり、

あるブログを書いている方の愛犬が亡くなったり、

いつか来る愛犬との別れを感じ始めているからかもしれない。

16歳とは思えないほどピンピンしてて元気溌剌だけれど

老いは突然やって来ると今までの経験から知っている。

されど、1日でも長く生きてね。と心の中で願うのだ。

 

今日はパソコンに向かっているわたしの元にちょっとしつこい

くらい寄って来て見上げるので、抱き上げて撫でてあげた。

いつもなら抱き上げるとイヤイヤをしてすぐに下ろすのだけど

今日はわたしの膝の上で毛づくろいを始めたからしばらくは

そのままさせておいた。わたしにもやっと心を許したかな。

 

タロットカードからの教え。

先日、友人が主催のタロットカードリーディングに行って来ました。

わたしは仕事のことをカードに聞いたのですが、

現在の状況を非常によく表していました。

 

新しい仕事を始めたはいいけれど私の予想と期待を外れ

実はとてもモヤモヤした毎日を送っていました。

現状からどうして行ったら良いかをカードに聞いて

アドバイスをもらい45分ほどで終了。

英語なのでところどころわからない単語が出てくるも

必死に聞き取り理解するよう頭をフル回転。

頭の中のモヤモヤした霧が少しだけ晴れました。

 

結果うまく行くから("Success"というカードが出ました)

・すぐに結論を出さないこと

・頑固にならずに考え方、見方を変えてみること

 

やっぱり自分の好きなことだからこだわるし、頑固にもなる。

でも、それを人に求められるかと言ったら実は微妙で。

頭の中ではわかっているけど実際は難しく落ち込む。

考え方、見方を変えるのは簡単ではないけれど

そうしなければ状況は変わらないわけだから努力します。

柔軟に!ですね〜。

 

イースターサンデーの過ごし方。

昨日はイースターサンデー。

クリスマスと同じくらい重要なキリスト教の休日。

モールに行ってもほとんどのお店が閉まります。

そんな中、映画館は開いていたので観たかった映画

"Oh Lucy!"を観に行ってきました。

 

日本人俳優の寺島しのぶさんが主演の米国映画ですが

シリアスなんだけれどもユーモアに溢れていて

クスクス笑ってしまうポイントがたくさんありました。

しのぶさん演じる"せつこ"の姉役が南果歩さんで

こんな姉がいたら嫌だわーというくらい鬱陶しい。

相手役の米国俳優はジョシュ・ハートネット。

寺島さん演じるルーシーがハートネット演じるジョンに

会いにロサンゼルスまで行く物語ですが、ほとんどが

日本語と片言の英語なのでわかりやすかったです。

日本での公開はもう少し先のようなのでお楽しみに!

 

夜は義妹の家族の家でイースターディナー。

姪っ子と甥っ子はアンクル(おじさん=旦那さん)が大好きで

常に彼のアテンションを得ようと必死なのですが

昨日は姪っ子がアンティー(おばさん=わたし)遊ぼう!と

パズルに誘われてずっと彼女のパズルを手伝ってました。

わたしがいなくても自分でできるのだけど一人だとやっぱり

つまらないのかな。黙々とパズルしてるだけなのに(笑)

やっとおばさんも人気が出てきてよかった〜。

 

3連休最後の休日もあっという間に終わり今日から平常モード。

今週はお天気がイマイチみたいだけど、雨は恵。

雨のおかげで山の緑が青々と茂って綺麗な季節です。

忙しくても自然を愛でる心の余裕を持ちたいものですね〜。

 

理想的な休日の過ごし方。

実は世の中3連休。

わたしも休みを取り3連休。

ブログもお休みしてしまいました。

休みの日は寝られるだけ寝るけれど

疲れも取れないし、やっぱり肩凝りが辛い。。困ったなぁ。

 

昨日はコーヒーを飲まない旦那さんにお願いして

久しぶりにお気に入りのカフェに連れて行ってもらいハッピー。

車で行けばそう遠くないのだけどバスだと乗り換えもあり遠くて

なかなか行けてなかったの。あ〜嬉しい〜。

インスタグラムで見ていてコーヒー豆を買いたかったし

コーヒーも飲みたかったし、満足満足。

ちなみにケニアのコーヒーを飲みました。思いの外マイルド。

 

ここは周りに緑が多くて、とってもリラックスできるカフェ。

ただ、人気すぎて混んでいるからタイミングが微妙なのだけど

昨日はホリデーだったからか思いの外空いててゆっくりできた。

その地元に住んでる友達にも声をかけたら、すぐ行くわ〜と

子ども達連れてきてくれて、久しぶりにお喋りできて嬉しかった。

 

まるで家の前にあるカフェに出かけて行くように

メガネでお化粧もほぼせずにかなりラフな格好で行ったのだけど

それができるのもこの土地ならではだな〜と。ローカル万歳!

休みの日は思いっきり休みモードで過ごすのもありですね。

とても理想的な休日の過ごし方でした。

 

今日はこれからお友達のイベントへ。

その前に地元のコーヒーショップへ寄ってから行く予定。

グランドオープニング記念で美味しいコーヒーが格安なのだ。ウフフ。

 

足長おばさんになりたい。

初めて、足長おばさんになりたいと思った。

まだ知り合ったばかりの高校生の女の子。

彼女の未来に投資したいと思った。

お金がないのが理由で夢をあきらめなければ

ならなかったとしたら切なすぎる。

彼女はまだその段階にはいないけど

アルバイトで得たお金を一銭も使わずに貯めている。

大学に行くために。

夢を叶えるために。

 

わたしには夢がなかったから彼女が眩しい。

キラキラした瞳で夢を語る彼女が眩しい。

 

 

足長おばさんにはきっとなれないけど

どんな形であれ彼女の夢のサポートはできる。

だから、彼女を応援しよう。

わたしのやり方で応援しよう。

それが彼女の力になるならば。

 

やるだけやろう、そうしよう。

 

今日は年上のお世話になっている方(元ボス)の

誕生日プレゼントを選びにショッピングモールへ。

 

何度か行ったことのある個性的なお店をのぞいたら

セールススタッフのおばさまのとても熱心な接客に圧倒。

おばさまのおかげで素敵なアクセサリーが見つかりました〜。

もう少しゆっくり見たい気持ちもあったけど

ミッションコンプリート!結果オーライとします。

 

週末は趣味に毛が生えたわたしの好きなことをする時間を

持つのだけど、それをやっている時が楽しくて仕方がない。

学びでもあり、ただただ経験値を積むしかなく難しいんだけど

少しずつ上達しているのが体感できて嬉しい〜!

やるじゃん、自分!

 

 

今は好きで楽しいだけでやっているけれども

ここから先どうやって展開していけるんだろうか??

どの業界にも上には上がいるわけで

わたしなんてデビューが遅すぎるし

これからどこまで成長できるのかも未知数で

どうやって関わっていけるかな?と考えたりもする。

 

まぁでも、それはもっと自分が成長してからの話だから

今は楽しい、面白い、を原動力にやるだけやろう。

嫌なことも全部忘れられるくらい集中できる好きなこと。

これがあって本当に良かった!

 

 

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

結婚して良かったなぁと思うのは

わたしが仕事から帰ってとても疲れているときに

「ご飯作ろうか」

「お皿洗うよ」

とサポートしてくれたり、

 

今日みたいにちょっと寒い日にお味噌汁を作ると

「ああ、美味しい〜」

と満足げに平らげてお代わりまでしてくれたり、

 

そう言う細やかなことがありがたいし嬉しくて

結婚して良かったなぁと思う。

 

旅行に行ったりとか、非日常は叶わないことも多いけど

(唯一の不満はそこ)

日常は彼がいてくれることでバランスが取れていて

心穏やかに過ごせているように思う。

日々の幸せ。いつもありがとう。

 

「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」

                   相田みつを

 

 

わかっちゃいても。

糸井重里さんのほぼ日刊新聞をたまに読んでました。

糸井さんの愛犬ブイヨンがとても可愛くて。

そのブイヨンが21日に亡くなったと知り泣きました。

14歳半、犬としては長生きの方だし老犬の域。

晩年は病気をしていたらしいです。

犬も人間もいつかは終わりを迎えるとわかっていても

やはりその時が来るととても悲しい。

 

ブイヨン、会ったこともないけれど、本当に可愛かったあなた。

みんなを笑顔にしてくれてありがとうね。

虹の橋の向こうで自由に楽しく走り回っていると良いな。

たくさんのお友達と一緒に。